2016年11月30日

田口全グラ会長、過剰品質の是正と適正価格推進訴え

 大日本パックェージ代表取締役で、全国グラビア協同組合連合会会長の田口薫氏は、11月18日に大阪市内で開かれた日本包装専士会関西アカデミーキャンパスで「過剰品質と適性価格」をテーマに講演した。関西地方で活躍する包装専士をはじめ包装に関連する業務に携わる人を対象に催されたこの催しで、田口氏はグラビア印刷業界を中心に軟包装業界の適正価格のあり方や、過剰品質要求への対応などについて語った。
posted by ポリオレフィン時報 POJ at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177879466
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ポリオレフィン時報 ホームページ
http://www.poj-news.net