2016年04月11日

■キョウエイが多品種対応インパルスシール製袋機

 キョウエイ(大阪府富田林市、電話0721―24―2630)は、サイドやボトムをインパルスシールによって製袋する小ロット、多品種デモンストレーション用サンプル袋の製袋に特化した原反寸法送り機能付きインパルスシール機械「PP200―600型IMPULSE」を開発、4月6日から開かれた高機能フィルム展でデモ運転を行った。
 PP200―600型IMPULSEの主な特長は@加熱温度コントロールによって加熱・冷却温度を設定できるため理想的なシール条件が設定できるA長時間使用しても高精度で安定したシールが可能B必要最低限の過熱でシールできるため電力消費と部品の消費を抑える―など。

posted by ポリオレフィン時報 POJ at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174861740
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ポリオレフィン時報 ホームページ
http://www.poj-news.net