2018年01月07日

◆住友重機械モダンの空圧式自動膜厚制御Tダイ「スマートフリッパ」

 住友重機械モダン(横浜市港北区、電話045―547―7711)は昨年10月、千葉市の幕張メッセで開催された「IPFジャパン2017(国際プラスチックフェア)」に空圧式自動膜厚制御Tダイ、密閉型アンカコートシステム、省エネ押出機などを出展した。

 ◆空圧式自動膜厚制御Tダイ「スマートフリッパ」(ビデオは7分18秒)=住友重機械モダンの高度な制御技術によるラミネーター・キャスト成形用自動偏肉補正Tダイ。空圧駆動によるリップ変形機構が、偏肉補正指令に対して瞬時に応答。補正にかかる時間を大幅に短縮するという。
posted by ポリオレフィン時報 POJ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

◆住友重機械モダンの密閉型アンカコートシステム「スマートチャンバ」

 ◆密閉型アンカコートシステム「スマートチャンバ」(ビデオは約3分)=グラビア塗工部を完全に密閉構造としたことにより、従来のオープンパン型のような接着剤の飛散や溶剤の揮発がないのが特長。接着剤のロスや濃度変化による品質の変動、そして周囲環境の汚染を防ぐ。
posted by ポリオレフィン時報 POJ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

◆住友重機械モダンの省エネ押出機「ドルフィン」

◆省エネ押出機「ドルフィン」(ビデオは2分18秒)=ラミネーター・キャストならびにインフレーション用押出機で、特殊保温構造と特殊冷却構造で消費電力を大幅削減したのが最大の特長。低電力で樹脂温度を適切に保つ保温構造に加えて、電源オフ時に自然冷却と同等の冷却構造を備え、保温性能と冷却性能を両立。消費電力をラミネーター・キャスト用で20%削減、インフレーション用では30%削減したという。吐出量は40`から1040`までの16機種。
posted by ポリオレフィン時報 POJ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
ポリオレフィン時報 ホームページ
http://www.poj-news.net