2015年11月25日

シンク・ラボラトリーが開発した水性浅版印刷技術と軟包装デジタル印刷機

 ◆シンク・ラボラトリーが開発した水性浅版印刷技術と、軟包装デジタル印刷機に関する解説映像です。詳細はポリオレフィン時報12月7日付をご参照ください。
posted by ポリオレフィン時報 POJ at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2015年11月18日

田口全国グラビア会長の受章祝賀会に関係者ら260人が祝福

 春の叙勲で旭日小綬章を受章した全国グラビア協同組合連合会の田口薫会長の受章祝賀会が11月13日、東京都墨田区の第一ホテル両国で開催され、業界関係者ら260人が参列した。旭日小綬章はこれまで印刷業界で最高位の受章で、全国グラビアでは故川田善朗前会長に続く2人目。

 祝賀会では、安永研二副理事長が発起人として挨拶「田口会長の受章理由を二つ挙げると、ご家族、従業員、全国グラビアの面々、素晴らしい仲間に恵まれていること。さらに決定的な理由は田口会長の人間力の強さ。事を起こす時、安易な道を選ばない、いばらの道を選ぶ勇気、実行力が結果を生んできた」と語った。
 また来賓として、経産省商務情報政策局文化情報関連産業課の平井淳生課長、日本印刷産業連合会の稲木歳明会長、全国中小企業団体中央会の大村功作会長の3氏が祝辞を述べた。
 その後、発起人を代表して村野氏と関東グラビア青年部部長の奥田誠氏から会長夫妻に花束が贈呈され、田口会長が謝辞を述べた後、DICグラフィックス取締役会長の川村喜久氏の乾杯の音頭で、和やかな祝宴に入った。
posted by ポリオレフィン時報 POJ at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2015年11月04日

■プレミアム・インセンティブショー秋2015新製品コンテストから



日本最大の販促マーケット専門見本市「インターナショナル・プレミアム・インセンティブショー秋2015」が10月14日から16日までの3日間、東京・池袋のサンシャインシティ・コンベンションセンターTOKYOで開催された。第52回となった今回のテーマは「ネットに勝つ、リアル店舗で売るための戦略〜価格競争から顧客中心の店舗運営へ〜パート2」。企業PR用ノベルティ、ベタ付け景品、販促用ギフトなど多様な製品が出展社ブースに展示された。会場では新製品コンテストが催され、企業の販売促進担当者SPエージェンシーなど来場バイヤーによる投票結果をもとにした審査で次の製品が選ばれた。

 ◆女性向け販促品コンテスト▽大賞=女性向け防災セット「フルール・ハンガーポーチ」(ファシル梶A電話054―258―0214)▽準大賞=わずか数秒でみじん切りができるぶんぶんチョッパー(泣Pイ・アンド・エー、電話093―863―2098)。
 ◆店頭POPコンテスト▽大賞=超薄フラットパネル!メディアの貼り直し、自由自在(潟Aライデザイン工芸、電話053―453―0866)▽準大賞=貼ってはがせる窓用POP(パナック梶A電話03―5442―8761)。
 ◆プライムギフトコンテスト▽大賞=御駕籠ワインボックス(潟Aライヴ、電話03―5510―3838)▽準大賞=互穀豊穣米真空包装お米ギフト(兜ト匠庵、電話072―332―6222)。
 ◆SPツールコンテスト▽大賞=タッチパネルクリーナー「キレイナーレ」(オート梶A電話03―3861―8620)▽準大賞=びっクリアファイル(潟Vルキー・アクト、電話03―5994―5023)。

 ◇新製品コンテストの表彰式と出展社による製品紹介の模様をビデオ放映中。
posted by ポリオレフィン時報 POJ at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

■東西のフィルム製品商社2社が独自開発商品を紹介


プレミアム・インセンティブショー秋2015ではフィルム製品商社2社が独自開発商品を出展した。関田商会(東京都杉並区、電話03―3311―6888)は「災害時応急受水用袋」、「車用防災ファイル」などの防災用品や東京オリンピックに向けた冷却グッズを紹介。イワタプラ(大阪市天王寺区、電話06―6761―5205)はこのほど、空気緩衝材を特殊な袋状に加工し、精密製品から日用品・雑貨まで安全に輸送・保管できる包装用品「ポケぇもん」などを出展した。両社による製品紹介をビデオ放映中。
posted by ポリオレフィン時報 POJ at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
ポリオレフィン時報 ホームページ
http://www.poj-news.net