2015年08月18日

果実用規格袋で新製品――精工「イロヲビ」シリーズ9月発売

精工1-1.jpg精工1-2.jpg精工2-1.jpg精工2-2.jpg
 防曇OPP袋など農産物包装資材メーカーの精工(本社・大阪市北区西天満1―2―5、電話06―6360―6511)はこのほど、果実包装用規格袋「イロヲビ」シリーズを9月に発売する方針を明らかにした。高透明なPETやOPPフィルムによるフルカラー印刷によるカラフルなデザインと平底やチャック付きなど、これまでの果実包装を一新した高級感が特徴。
 果実用規格袋の新製品は、リンゴやオレンジなどの果実を収容する横長の「ボックスパック2個入」、サクランボなどの「ボックスパック縦型」、キウイフルーツやレモン用途の「チャック付きスタンドパックVシール」―の3種類。
 「ボックスパック2個入」は、PET/CPP構成の有孔フィルム(65ミクロン)による平底タイプの横長袋で、シートケースを思わせる高級感が特徴。リンゴ、オレンジ、グレープフルーツなどが用意されている。
 「ボックスパック縦型」は、PET/CPP構成のフィルム(65ミクロン)による平底タイプの縦長袋で、サクランボ(大、小)、アメリカンチェリー(大、小)、ハウスみかんなど。
 「チャック付きスタンドパックVシール」は、OPP防曇フィルム(40ミクロン)による底ガゼット袋。上部にカラフルな印刷とチャックならびに小判型の持ち手穴が設けられている。種類はキウイフルーツ(2、3、4、5個入)、レモン(2、3個入)、ハウスみかん3個入などとなっている。
 同社の林健男社長は「従来の果実包装に比べトレイが不要で環境にも優しく、価格もトータルではこちらの方が安い。在庫も袋だけで良いなどのメリットがあります。秋の果物シリーズから発売の予定で、今後もこうした付加価値の高い製品を積極的に開発していきたい」と語っている。
 イロヲビボックスパックは、日本包装技術協会が主催する2015日本パッケージングコンテストで食品包装部門賞に入賞、9月11日から13日まで千葉県船橋市のショッピングパーク、ららぽーとTOKYO―BAY内の中央広場で開催される暮らしの包装商品展で展示が予定されている。
posted by ポリオレフィン時報 POJ at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
ポリオレフィン時報 ホームページ
http://www.poj-news.net